人材育成

スキル・人材育成に関する
事業をまとめています

DX実装ワークショップ

概要

デジタル化やDXの取り組みを進めていく上で、これらに関するスキルを保有する人材の不足に悩む企業が多く存在します。実際に、当財団のアンケート調査では回答企業の約6割の企業がデジタル活用・DXを推進する上での課題の一つに「デジタル化・DXを推進するスキルや人材が不足している」と回答しています。
そこで、具体的なテーマを見つけ出し、それをビジネス課題として落とし込んでいくトレーニングを行うワークショップを定期的に開催します。演習で得られた結果を自社ビジネスにおいて活用可能な形で持ち帰ってもらうことを目標に経営課題に対するアプローチ、具体的なAI、データ分析等のプロジェクト推進等をテーマに実施していきます。

具体的事業

AIやDXに関するワークショップの開催

※詳細確定次第メールマガジンやWEBサイトにてお知らせいたします。

セキュリティ人材育成

概要

令和2年度に近畿経済産業局が実施したサイバーセキュリティ実態調査においても、企業がセキュリティ対策をすすめる上での一番の課題として約1,500社の回答企業のうちの半数が「セキュリティ人材の不足」を上げています。
そこで、セキュリティの基本的な概念を体系的に学ぶ「サイバーセキュリティ・リレー講座(初級者向け)~サイバーセキュリティの基礎&心得習得編~」(※)や実務に即したセキュリティ対策を体系的に学習・習得できる「KIISサイバーセキュリティ研究会人材育成プログラム」等の機会を提供することでにより、セキュリティ人材の育成を図ります。
また、教育プログラムの提供に加え、サイバーセキュリティに関する勉強会を始めとするコミュニティ活動を支援することでもセキュリティ人材の育成を図ります。

※令和3年度経済産業省近畿経済産業局委託事業

具体的事業

以下の講座や支援事業を展開しています。
サイバーセキュリティ人材育成プログラム
地域セキュリティコミュニティ支援事業
第4回サイバーセキュリティ・リレー講座(初級者編)